マネーお役立ち情報

クレカ現金化は不審に思われがち

-shared-img-thumb-LIG_h_iphonededenwaagent_TP_V

カードで金を工面する、つまり資金調達できるクレジットカード現金化だが、その利用目的から消費者金融からの借り入れやキャッシングなどと同じように貸金業を営んでいる金融業者から借りるって感じに思われがちだ。
しかし、実際にはお金を借りるわけではないから貸金業法の対象外となる。

貸金業、つまり融資やキャッシングなどの貸金業というのは、金を借りるための審査があり、金銭借用書により金を借りる事であり、金融業者に返済をするといったものが一連の手続きと流れになる。

つまり貸金業では利息制限法に基づいた金利と元金を借りた金融業者に返済をしなければならない・・・ということになる。

しかし貸金業に対しカード現金化では、クレジットカードがあれば審査はない事、お金は借りることなくキャッシュバック特典としてもらえる事、現金化業者への返済はなくカードで購入した支払いのみになる、といった根本的な違いがあることはわかっているな?

カード現金化はキャッシングや消費者金融と比較すると低い金利で利用することができるが、少なからず手数料は発生することは念頭においてくれ。

現状では全国各地に多くの金融業者が立ち並んでいる。
消費者金融の看板の程目立ってはいないが、店頭買取を行うチケットショップもかなりの数が営業していると思うんだな。

カード現金化はこのような多くの人が集う街に存在している。
一見店頭買取によるチケットショップでも業務の一環として現金化サービスを行っているところも少なくない。

カード現金化は貸金業や金券類の売買といった金銭に関係するサービスだから不審に思われるが、あくまでもショッピング枠にて買い物をすることによりキャッシュバックを特典としてもらえるサービスであり、現金化業者にお金を借りるわけでも返すわけでもない。

カード現金化は金融サービスとしてまだまだ世間には認められない部分はある。悲しいがこれが現実だ。
それはこの業界全体の不透明性が大きく影響しているからだ。
例えば、所在地の記載がなかったり明確な番地が不明、ネットで営業する業者のほとんどが店頭買取を受け付けていない、ホームページの換金率から手数料が差し引かれてしまう
、電話やメールでの取引なので相手の顔が見えないなどの点が原因だ。ただこれは業種に限ったことではなくビジネス全体に当てはまることだよな。


今日のポイント

カード現金化は当日中に資金調達するためのもので、貸金のように返済をしなければならないものでもないし、怪しい事業者などを選ばなければ特に問題のないサービスであること、その点だけはここで理解しといてくれ!