マネーお役立ち情報

クレカ現金化への理解

-shared-img-thumb-TAKEBE160224500I9A0384_TP_V

クレジットカードのショッピング枠を現金化するサービスってのが世間一般からは怪しいビジネスと勘違いされがちだ。
他人に話すと7割の人間が「あやしい、捕まるんじゃないの?」って言ってくるし、
日本クレジット協会や消費者庁は利用を控えろとまで言っている。しかし俺が思うにそれが今の日本の限界なんじゃないか?

あくまで現金化の目的はクレジットカードで金を工面することだ。ただ金の工面の方法が異なるだけ。
現金化自体はグレーな部分があるが、利用者がでこれまで逮捕された事例はない。
さらに法律に反する内容でもないわけだ。

そもそも金券ショップの業務の一環としてカード現金化をやってるわけだし
公安委員会からの古物営業許可もあるってことで至ってクリーンなサービスなんだぜ?

店頭買取によるカード現金化店の印象はキャッシュバックと比較すると店舗を構えている分、安心感はあるだろう。
お店の看板にも「カードでお金」って書いてあったり、外観は金券ショップのようなショウウインドウを置いてあるところもあるが、俺的には特に違和感は感じられん。

まぁ、しかし金に関係する融資や投資といった商売には必ず詐欺や悪質な業者が存在するわけでみんなが警戒してしまう気持ちもわからんでもない。
特に金融系サービス、ギャンブル、アダルトなどのジャンルは一般の企業であっても怪しいビジネスの印象が少なからず付いてしまうしな。

ある掲示板やブログでは「カード現金化を利用するとクレジットカードが利用停止になる」といった情報が書いてあったな。

この利用停止になるという噂について真偽を確かめてみると
キャッシュバックによる現金化方法の場合、理屈上では商品を購入した特典としてキャッシュバックをしている為に、クレジットカード会社の利用規約違反となる換金目的による不正使用には該当しないということだ。

しかし商品買取の場合は、商品自体をと転売し買取代金として現金を受け取っているため不正使用となってしまう。
クレジットカードで購入している時点では換金目的かどうかは判断することはできない為に、購入直後の現金化であれば「換金目的」となるが、数日空けてからの現金化であれば、換金目的でクレジットカードを使用していないことになるわけだ。

結果的にカード現金化を利用してもユーザーがクレジットカード会社に報告しない限り現金化をしたかどうかわかることはない。まぁ余計なことは言うなってことだな。

特に換金性の高い新幹線の回数券などにはクレジットカード会社も換金目的の疑いを持つ商品となっているために、クレジットカード現金化を利用する際は利用する日数を空けたり、購入する商品を変化させたりすれば利用停止となることはなくカード現金化を利用できるってわけだ。


今日のポイント

最近はクレジットカードを所持していない奴でもできる携帯電話のキャリア決済による現金化というサービスが出てきているな。
これはカードのいらない現金化として注目はされているが、キャッシュバックによる方法以上に不透明性が高いサービスとされており金額的にも少額でしか利用できないのが現状だな。

実際にどの方法でも問題なく現金化利用は可能だが、今回の話を理解し、確認したうえで利用するのが警戒心が強い人にはいいんじゃないか?
まぁ特にちゃんと使用すれば違法にはならないわけだから、少し考えれば便利なものっていうのはわかるだろ。