マネーお役立ち情報

クレジットカードのショッピング枠を現金化する3つの方法とは

3つの方法を教えてやるぜ

最近災害だとか原因不明の停電だとか、挙句の果てにはミサイルが飛んでくるとか、物騒な世の中になったよな。何が起こるか分からない世の中だが、金は大事ってことはいつの世も同じだと感じる。

こんな哲学的なことを言ってみちゃったりするのは月がキレイだからか?そんな柄にもないことを考えている、どうも、GENKI-Nだぜ!

今回は金は大事ってことでクレジットカードのショッピング枠を現金化する方法を話したいと思う。3つほど紹介するからこれってやつを自分で選んでほしい。正直言って向き不向きってのがある。ちなみに!クレジットカードの現金化についてはグレーな部分、つまり危なっかしい橋を渡っていることがある。でも審査なく現金を手に入れられる方法ってのも限られているからみんな利用するわけ。ま、グレーってとこだけは忘れないように!

■1つ目は現金化業者を利用する方法だ。

手軽に即金を手に入れることはできるが、還元率は80%以下になっている。それでも24時間365日いつでも、スマホですぐに現金化できるっていうから何とも手軽、利用してるやつは多いってわけだ。ただ現金化業者には悪徳なとこもある。そこのとこはよく注意してほしい!

現金化業者の現金化の方法は「キャッシュバック方式」と「買い取り方式」の2つがあるが、最近の主流はキャッシュバック方式だ。簡単にいうと10万円の販売価格で8万円のキャッシュバック特典が付いている商品を買うって方法だ。もちろん商品はろくな価値なんてないものだ。正直胡散臭さがあるが、これでも商取引の形は整っているから違法ではない。

■2つ目はクレジットカードで商品を買って、それを売って現金にする方法だ。

上手くやれば80%以上の還元率を見込める。しかし手間がかかる。まずは換金率の高い商品や高額買取をする業者を調べなくちゃいけない。これがコロコロよく変わるから情報収集がすごく面倒くさい。そのあと商品を買ってそれを持ち込む時間も必要、急いで現金が欲しいやつには向かない。それでも銀行とかでローンを組むのに比べれば大した手間じゃないけどな。

それにクレジットカードの会社もバカじゃない。換金率の高い商品ばかり買っていたら利用停止にすることもある。なんて言ってもクレジットカード会社の利用規約には「現金化目的の利用は禁止」ときっちり書かれている。つまり法律的にもクレジットカードで買ったものの転売はできないことになっているってわけだ。ばれてカードの利用が停止されても仕方がないということになる。

■3つ目はクレジットカードで購入した商品を返品するって方法だ。

1つ目、2つ目に比べれば手に出来る現金は少額になるが、還元率は100%となる。気を付けないといけないのは返品できる理由作りが必要なことと、翌日以降に返品しないと意味がないってこと。返品を受け付けないってものもあるから要注意だ!

翌日以降に返品しなきゃいけない理由は、当日の場合はクレジット処理の取り消しで済まされちまうからだ。取り消しになったら現金を受け取ることができない。翌日以降になるとクレジットカードの利用データはカード会社に送られるから店では取り消し処理ができなくなり、仕方なく現金で返金となるわけ。現金狙いの場合は翌日以降にすることを忘れちゃいけない。

以上、3つ紹介したがどうだった?ちなみにどの方法がお得なのかと聞かれても個人差やリスクがマチマチで俺は何とも言えない(そんな責任もてやしない!)。でもまあ、正直言って現金化業者を利用するやつの方が多いことを思えば“どれがいいのか”は分かりやすい。

何と言っても現金化業者を利用する方法は換金率が約束されている。現金が欲しいやつにとっていくら手元に来るのかってのが一番大事だ。いくらで買い取ってもらえるか分からない方法よりも、80%でも還元率が明確になっている方が良いってわけ。返品するって方法は上手くできれば還元率が100%だが、失敗するリスクもあり、手元に来る現金もそんなに多くはない。

ちなみにショッピング枠を現金化したってことは現金化業者を使った方がばれにくい。自分で売買して現金化しようとした場合は換金性の高い商品を買った履歴が残るからだ。クレジットカードで商品を買うってことは他の2つとも同じだが、現金化業者の場合は決済代行会社を通すから「何を購入したか」分かりにくいと言うカラクリがある。現金化業者もそれなりに対策を考えてるってわけだ。

ショッピング枠の現金化についてはクレジットカード会社と現金化業者&決済代行業者のイタチゴッコだって言える。俺の見立てではクレジットカード会社の方が分が悪い。なんてったって通常のクレジットカード利用の決済は毎月何十億とあるわけ。実はそのうち1、2億が現金化業者利用の決済だなんてクレジットカード会社には把握しようがない。


今日のポイント

クレジットカードのショッピング枠を現金化するなら自分で売買して現金化するよりも、現金化業者を利用して現金化した方がカードの利用停止のリスクは低いってことだな。但し手数料だなんだで還元率は80%以下、70%台あればいいとこというのを覚えておかないといけない。あ、あと悪徳業者にも要注意な!

俺からの今日のおすすめ業者だ!
あんしんクレジット

そうそう、還元率の高さでだまされないようにな!還元率の高い会社には手数料がやけに高かったり、300万円以上プランや現金化まで時間がかかるプランなど条件付けてるってところもある。こうなると売り文句の還元率はまず実現されない。ここのところは自分で細かくチェックしてもらいたい!

次回もためになる情報を提供したいと思う!いろいろ暴いてやるぜ!楽しみにしていてくれ。