マネーお役立ち情報

クレジットカード現金化業者の個人情報関連について

個人情報関連

クレジットカードを作ってみよう!

最近、SNSで誹謗中傷とか、つきまとっている行為が禁止されることが決まったな。犯罪扱いされることになったようだ。
中には、誹謗中傷しているやつが、その人の個人情報を勝手に晒すやつも多いから困ったもんだ。
そういったことで、今回はクレジットカード現金化に関する、個人情報の扱いについての話をしようと思う。

どうも、GENKI-Nです!

まず、クレジットカード現金化業者が必要としている個人情報から話そう。
クレジットカード現金化業者は、いわばクレジットカードで商品を購入する仲介業者といった感じだ。
だから、クレジットカードの番号は必ず教えなければならない。
それから、本人確認が必要なので、現在の顔写真と、自動車免許証やパスポートなどの顔写真が付いている、身分証明書だけは提出しなければならない。

ま、これだけが、クレジットカード現金化業者が欲しい情報なんだ。
もちろん、それらの個人情報は万全に管理されているから、心配は無用だ。
逆に言えば、これだけの情報で現金を手に入れられるんだから、お手軽だよな。
これが、銀行のカードローンや消費者金融の場合なんかは、どこの会社に勤めているのか?何年勤めているのか?どんな家族構成なのか?なんてことも全て記載しなければならない。
もちろん、現金化業者はクレジットカードを利用はするけど、さっき説明したような、クレジットカード会社が知っているような詳しい情報を知る必要はない。
業者的には、自分たちを騙そうとしている連中かどうかを見極められれば、クレジットカードの番号以外の情報は必要ないってわけよ。
でだ、クレジットカード現金化の現在の主流と言えば、インターネットでホームページを運営しての、キャッシュバック方式になってきている。
そこで、利用する時には申請フォームを送信する必要があるのだが、個人情報に関して第三者に提供する可能性があるとは、記載されていないはずだ。

そのような記載がある場合は、情報を売られてしまうことがあるから気をつけたほうが良いかも知れない。
現金化以外の色んなサイトでも、個人情報に関することは書いてあると思うけど、きちんと見たことがあるかな?

ま、個人情報が売られたとしても、その買取ったほうの名簿屋は、信用の高い企業じゃないと、個人情報は提供しないようになっている。
ましてや、名簿屋も怪しいと感じた場合は、個人情報を買い取らないからな。
だから、個人情報流出に関しては、そこまでビクビクする必要はないと考えておいたほうが、気が楽で良いぞ。
第一、情報流出で何かクレジットカードに関する問題が、ニュースで紹介されたことがあるか?
個人情報が漏れて困るとしたら、振り込め詐欺とか、迷惑メールくらいだと思うぞ。
その程度なら個人での対策は可能だからな。


今日のポイント
もしも万が一、クレジットカード番号が漏れたとしたら、クレジットカード会社に早急に連絡をして、カードの利用凍結とカード番号の再申請をすれば、また普段通りに使えるようになる。
何か買われてしまっていたとしても、本人が買っていないことを証明できれば、返済の必要も無いから大丈夫だ。
今回は、クレジットカード現金化業者の個人情報の取り扱いについて、話をしてきた。

俺からの今日のお勧め業者だ!
セーフティサポート

ま、どんな会社でも、この個人情報に関しては万全のセキュリティを取っているはずだから安心しな。
次回も、ためになる情報を提供するからな!
楽しみにしていてくれ。
あばよ!