マネーお役立ち情報

一応、法律的な話を教えておく!

ブラックリスト登録なんてされたら・・・

今年の梅雨は長いもんだ。ま、気象観測業界的には、毎年毎年、異常な感じの天気だからさぁ、異常気象って言葉は使わないらしい。梅雨が長い原因になっているのか、台風1号が6月の後半にやっと発生したってのも異常な話だしな。

よう、また会えたな!

諸君らも土砂崩れなんかには気をつけろよ。今回も、いつものようにクレジットカードを使っての現金化について、記事を作っているわけだが、そもそもクレジットカードを作れなきゃ、こんな話も必要が無くなるから注意しろ。
いつものように、やりすぎるとクレジットカード会社から怪しまれるってことは伝えているのだが、とりあえず利用規約だけでも、しっかりと確認しとけ。余裕があったら、約款にも目を通しておくと良いだろう。

ま、破産なんかするとわかることではあるが、クレジットカード会社は、情報を共有している点もあって、一度クレジットカードの審査が通らないようになると、他にも通知がいっていることもある。

まずは、現金化うんぬんの話の前に、クレジットカードの作成、またはクレジットカードの利用停止にならないように注意することが必要だ。良いか、オレの仕事を潰すなよ?では、タイトルにもあるように、クレジットカードやローンに関しての法律に関して伝えていこうか。法律上の話だと、マイカーローンの場合は車を買うことにしか使えないようになっている。もちろんマイホームローンは家を建てる、もしくはリフォームをすること以外には使えない。

っていうか、お金は貸さないことになっているとの話だ。法律だから、破ったらお縄を食らうことになるから止めとけ。
あと、クレジットカードで買ったモノというのは、お前のものじゃない。お金を貸しているクレジットカード会社のモノだ。だから、彼女にプレゼントする場合は、ブランド物のバッグなんかをクレジットカードを使用して、買うのはよしといたほうが良いだろう。もし、彼女が気に入らなくて売ってしまった場合も、買ったのはお前だ。

何かあったとして罪に問われるのは、もちろんお前になる。わかったな?フリじゃねーからな!


今日のポイント

なんだか、クレジットカード現金化の話とは、ちょっと離れてしまった感じの文章となってしまったが、オレみたいなやつだってブタ箱なんて行きたくはない。
まずは、最初に伝えたように、クレジットカード会社からの利用規約書だけにでも目を通してみろ。なんかやっちまって、ブラックリスト登録なんてされたら、数年はクレジットカードなんて作れなくなる場合もあるから用心しとけ。今回はここまでだ。

こんな業者に騙されてローンだけが残るのもいうのもあり得るからな。
こんな業者も危ないかもしれんから注意しとけ。

じゃ、また会おう。あばよ!