マネーお役立ち情報

悪質なやり口の業者

悪質な現金化業者ってのはホントにいるんだ・・・

業者の選び方は伝えたが、悪質業者についてってのはまだだったな。

無理やりすんげー法外な利息で金を貸し付け、めちゃくちゃで強引な返済を迫るヤミ金業者は残念なことに漫画やドラマの中でなく現実世界に多くいる。

強引な押し貸しや執拗な取り立てだったり、時には心身への攻撃などによって、返済を迫ることも少なくない。
さらには、金を払って返済しているにもかかわらず、しらばっくれて取り立てを続けようとする、人間として最低な悪質極まりない手段を用いる業者もいるのが悲しいところだ。

2014年10月、神奈川県のヤミ金業者が、貸金業法違反と出資法違反で逮捕されたことはしってるか?
その業者は、法律に違反する超高金利での貸し付けをやっていた上に、取り立て方法が強引だったらしいな。その方法ってのがマジでこいつらに人の血は流れてねえんじゃないか?って俺も思うほどだ。

利用者が金の返済をするために、業者の指定する銀行口座へ金を振り込み、業者に確認したら、、、、「確認が取れない、振り込まれていない」と言いがかりをつけ、また同じ金額を振り込ませる、、、という方法でなんども振り込ませ完済をさせないといった胸くそ悪くなる方法をやってたわけだ。
言いくるめられてしまう被害者も被害者だがな。ビビってしまう気持ちもわからんでもない。

この手法で言いくるめられてしまい、法外な利息を払い続けなければならなくなってしまった・・・・・というようなことがクレジットカード現金化でも似たような事例が多数ある。
悪質な取り立て手法ってのは、ヤミ金特有のものって思うだろうが、クレジットカード現金化業者でも、似たような被害に遭うケースが発生してしまってるのが現状だ。

例えば、現金化のため、指定の商品をクレジットカードで購入し、業者へ送付したにもかかわらず、「商品が届いていない」「商品が開封されている」といった言いがかりをつけられてしまったというケースがある。
クレジットカード現金化は、できる限り短時間で現金を手に入れたい時に重宝する手段。このため、急いで決済したいやつらも多いだろう。悪徳業者は、消費者心理に付け込んでくるわけで「余分な手数料を取る」と脅して金銭を得ることもある!比較検討して優良業者を選ぶように!
現金化業者の中に悪質な業者がいる原因は、営業を行う業者の中にヤミ金や詐欺グループが紛れ込んでいるってのが主な理由。こういった業者は、利用者にはわかりづらいように法外な換金率や手数料を設定して、利用者を苦しめる罠を仕掛けている。
さらに、クレジットカード番号などをはじめ、個人情報を悪用してヤミ金による押し貸しを行ったり、架空請求へと発展したりするケースもあるわけだ。

99c0be2901bc34861d752420bbd29e00_s


今日のポイント

こういった業者を利用しないように、きちんと対策を取らなければならないんだが、これが面倒というなら現金化はやめとけ。奴らのかっこうの餌食になるからな。

比較サイトや口コミサイトを利用して、業者の評価を見たうえでウェブページを確認し、悪徳業者ではないか見極めるっていうことをすればまちがいなくクレジットカード現金化は便利に利用できるはずだ!