マネーお役立ち情報

昔々、現金化の主流は新幹線の回数券だった

換金率がよかったんだな。

新幹線の回数券


“一年経つのは早いもんだなぁ。
2016年も、もうすぐ終わってしまうってなもんだ。
みんな的には今年は良い年だったか?
そんなこんなで、過去はあまり振り返りたくはないGENKI-Nだ!
今回はそんな過去を振り返りたくないオレが、昔のクレジットカード現金化について語ってみようではないか。
昔のクレジットカード現金化の主流と言えば、駅前にある店舗に訪れて、現金化を申し込むってものだったんだ。
ま、いわゆる買取方式のクレジットカード現金化ってやつだな。
店舗形式では、昔から現在と同じように、自分でクレジットカードを使って、ブランド物の売れ筋商品や商品券なんかを買取ってもらい、お金に変えてもらうって感じなんだ。
他にも、新幹線の回数券を買取ってくれるのも定番だったのよ。
なんで、新幹線の回数券をクレジットカード現金化に使っていたのかっていうと、新幹線の回数券は金券ショップに持っていくと、90%以上の値段で買い取ってもらえたことが発端だったみたいなんだ。
店舗形式のクレジットカード現金化業者は、買取業者として、地方自治体から古物商営業許可を頂いて営業をしている。
だから、金券ショップと同じように新幹線の回数券も買取をしていたってわけだ。
未だにクレジットカード現金化業者が駅前に多いのかっていうのも、この回数券があったからと言っても過言ではないくらいなんだぜ。

実は、新幹線の回数券はみどりの窓口でクレジットカードで買うことができたし、なおかつ軽くて持ち運びに便利だったという理由があるようだ。
たしかに、ブランド物の高級バッグなんて持っていたら、下手するとひったくりにあっても、昔ならおかしくなかったこともあったからな!
流行の靴を盗み取るヤツもいたくらいだしな…。
恐ろしい話だが、駅前は人も多い。何が起こっても不思議じゃない空間だから気をつけなきゃいけない。
そんな便利な新幹線の回数券も、現在ではクレジットカードで購入できない場合が多くなっている。
それは、クレジットカード会社のほうで、以前は現金化に使われていることが多いので、商売あがったりになるから、購入しにくいようしたんだ。

キャッシング枠で返済されるはずだった利息が、ショッピング枠の返済分の利息しか徴収できないからな。そりゃ対策もされるってもんよ。
そして、地方自治体によっては、新幹線の回数券の売買はダフ屋行為とみなして、現在では犯罪として抵触する場合もある。
そういったこともあってかどうか、店舗形式のクレジットカード現金化業者も、インターネットサイトで営業を兼用しているところもあるくらいだ。

何でもそうだが、時代の流れには追いついていかないと、先行きが成り立たなくなってしまう。
この新幹線の回数券は、オレは知らないのだが買えると言っているサイトもある。
地方自治体によっては買えない…ということは買えるところもあるという意味になるよな。


今日のポイント

どちらにしてもこの先は、新幹線の回数券を買取してくれるクレジットカード現金化業者は減っていくと思っておいてくれ。
そんな時に俺からのお勧めの業者はここだ!優良業者だからぜひ相談ベースで連絡してみるのもいいな!
cash line

それじゃ、寒い夜が続くから、風邪引かないように暖かくして寝るようにしてくれ。
またな!!”