マネーお役立ち情報

電子マネーを使ったクレジットカード現金化を暴く

■電子マネーの長所と短所

最近健康を考えて、プチ断食に挑戦してるGENKI-Nだぜ!
デトックス効果でダイエットにつながりやすいらしいんだ。ここ数カ月胃腸の調子が悪くてな・・・

ところで、きみたちは電子マネーを活用してるだろうか?
電子マネーは地域によって媒体も違うんだが、代表的なのはPiTaPaやSuicaとかだな。
ほかにはApple payやEdy。数え始めたらキリがない程度の種類はあるよな。

あと電子マネーには「プリペイド式」と「引き落とし式」の2種類があるんだ。
プリペイドは事前に現金でチャージして使うから、使い過ぎの心配が少ない。
引き落とし式は翌月に口座引き落としだから、一般的なクレジットカードに近い電子マネーだな!

交通機関やコンビニでの支払い時に毎回財布を出す必要がないから、普通に使えばすごく便利なサービスと言えるだろう。だが、全国すべての店舗が加盟してるわけじゃないから、電子マネー支払いに対応していないところも当然あるんだ。

そうなると現金が必要になるわけだ。

普段から電子マネーに慣れてると、いざというとき現金が手元にないケースも少なくないだろう。そんなときに、知っておいてほしいのが「電子マネーを現金化する方法」だ。

■電子マネーは現金化できるのか?

■電子マネーを現金化するための方法は3つ!

まず前提として、電子マネー(WEBマネー)を直接現金に交換することはできない。
ちょっと遠回りして、現金化の前に別会社を通しておくのがミソだ!
方法その1:電子マネー専門の現金化業者を使う
ショッピング枠の現金化みたいに、電子マネーの現金化を専門にしてる業者もいるんだが、そいつら活用すればショッピング枠現金化と同じ流れで換金できる。

手数料は業者によって違うが、支払い金額の8割~9割程度が目安だな。
自分で換金するより手取りは減るが、一番手っ取り早い現金化方法だと思う。

ただ詐欺の悪徳業者もいるから、依頼するときはしっかりリサーチしておいてくれよな!
電子マネーの現金化業者は、ショッピング枠と比べてまだ数も少ないからな。

方法その2:電子マネーで買い物をしたのち、クーリングオフ(返品)する
換金率100%で電子マネーを現金化できる方法がこれだ!

Amazonや楽天をはじめとしたネットショップで買い物して、その商品をそのまま返品する。そうすると店舗側は現金で返金してくるから、結果的に現金化が成功するってわけ。

電子マネー現金化のために選ばれる商材は、有名ブランドとかが多いみたいだぜ!
金額的にそこそこ高額なのが多くて、返品やクーリングオフにも対応してる確率も高いからな。

単純に現金化したい人には都合がいいんだ。
ただ店によっては返品が不可だったり、手数料や送料が必要になるケースもあるから、その辺りのチェックは忘れずにな!
■電子マネーを現金化する際の注意点

ほかの現金化も同じだが、電子マネーでも詐欺を働こうと狙っている悪徳業者は存在する。やつらに狙われると、お金だけ持っていかれて現金化されず泣き寝入りなんて事態になる可能性もある。

なるだけリスクを回避するためにも、現金化業者はできるだけ口コミや評判が多いところを選ぶようにしよう!ただ自作自演で評判を作ってる場合もあるから、完全に信用するのもよくない。

どうしてもいい現金化業者が見つからないときは、今回紹介した転売や返金での現金化も視野に入れてみてくれよな!

今日のポイント

★今日のポイント
電子マネーは単体でも利便性が高いサービスだし、これを現金化する必要性は基本的にない。が、何かの事情で現金化しなければならない状況になったときは、今日の内容を思い出してみてほしい。きっと君たちの役に立つはずだ!

そんなオレが今回オススメする業者はあんしんクレジットだぜ!
次回もズバッと暴いちゃうぜ!!
あんしんクレジット