マネーお役立ち情報

5分でわかる!ショッピング枠現金化の全て

異常気象、豪雨災害、東から西へと迷走する台風なんてものを味わって始まった今年の夏も終盤になり、暑さはこれからかもしれないけど、これからやってくるのは社会人なら誰もが嬉しい夏休み!俺も嬉しい!!

夏休み、バカンスだ!!と盛りあがりたいが、大切なのは軍資金。昨今じゃNO MONEY, NO ENJOY、金がなきゃ始まらない。金!金!金が欲しい!!叫んだらやけに熱くなった、どうも、GENKI-Nです。

夏休みまでのカウントダウンが始まったいま、手っ取り早く現金を手にする方法っていったらクレジットカードのショッピング枠現金化だ。この記事を読んだら5分後にはクレジットカードの現金化がわかるぞ!を目指してまとめてみた。

●クレジットカードの現金化はどこでできる?


クレジットカードの現金化はクレジットカード会社ではなく、クレジットカード現金化の専門業者がやっている。決してクレジットカード会社に「ショッピング枠を現金化したい」と問い合わせてはいけない!即時カードの利用がストップされる。

クレジットカード会社はショッピング枠を現金化することを禁止している。きちんと規約にも書いてあるから知らなかったじゃすまない、立派な規約違反となる。でもあくまでも規約違反、違法とはちょっと違う。ちょっとグレー解釈だが、法律を破っているわけでないんだから、クレジットカード現金化業者は違法業者ってわけではない。

●クレジットカードを使うのは自分!


“クレジットカードの現金化“というとクレジットカードを業者が買い取る感じがするが、タイトルにもあるように「クレジットカードのショッピング枠現金化」だ。クレジットカードを他人に渡すことなく、自分で使うから違法利用されることは心配しなくていい。

簡単に説明するとショッピング枠を現金化したい奴が自分名義のクレジットカードカードを使って現金化業者に指定された商品を買う、業者はその商品を買い取るもしくは購入特典としてキャッシュバックをする。業者が買い取ったりしてくれると現金が利用者の手元にくる、そんな簡単な仕組みだ。だから銀行とかで金を借りられない奴、手っ取り早く現金を手にしたい奴が利用できる。

ただし、現金化は非常手段として理解して欲しい。ショッピングをしてその商品代金が現金としてバックされるので「審査は無し」「即日融資」が可能になる。その言葉に惹かれて金に困った奴が利用するわけだが、金利手数料は非常に高い。あくまでも最終手段として考えることが必要だ。

●忙しくて店舗に行けない場合はネットでも

夏休みに向けて激務!仕事で業者の店舗に行く時間がないという奴も心配することは無い。今の時代はインターネット、ショッピング枠の現金化もインターネットでできる。ネットを利用すればわざわざ店舗に足を運ぶ必要もない。

さらに即日振り込まれるサービスがあれば家から一歩も出ずに現金を手に出来る。とにかくネットで簡単に便利にできる現金化だ。

夜でも金を借りられるのか?そうだよな、夜や次の日の朝早くに現金が必要なこともあるよな。安心していい、銀行が閉まる15時を過ぎた場合でもゆうちょ銀行・三菱東京UFJ銀行・ジャパンネット銀行・楽天銀行・イーバンク銀行などの口座があれば、それ以降の時間帯(深夜24時まで)お振込み対応している業者もあるんだ。

●ショッピング枠現金化の手数料

クレジットカードの現金化の手数料がゼロ…なんてことは決してありえない!「手数料なんて書かれていないよ!」と思っても、手数料が還元率と表現されることがある。還元率70%の場合、現金化した金額の30%が手数料となる。

カラクリはこんな感じ。例えばクレジットカードの現金化で、利用者が指定された商品を10万円で購入したとする。基本的に現金で戻ってくるのは購入金額の7~8割というところ(還元率70~80%)、10万円の場合は7~8万円を手にすることになる。2~3割は還元率と言う名前の手数料となって差し引かれている。

ちなみに現金化業者は3万円を丸々懐にいれることはできない。利用者がクレジットカードで商品を購入しているため、業者はクレジットカード会社に手数料を支払わなくてはいけない。おおまかだが、手数料は利用した金額の1~5%、10万円のものの購入にクレジットカードが使われたら1,000~5,000円をクレジットカード会社に支払われる。

●気を付けたいポイント

まずはクレジットカード現金化業者がきちんとした業者かどうか、平たく言うと詐欺業者じゃないかどうか。気を付けなくてはいけないのが、クレジットカードの情報を奪われることだ。だいたい次の要求があったらその業者はやめよう、クレジットカードの情報が狙われている。

・暗証番号を教えて欲しい
・カードの裏面を写真にとって送って欲しい
・セキュリティコード(カード裏面に記載)を教えて欲しい

絶対にこの要求を飲んではいけない!「契約のために必要」と言われると信じたくなるかもしれないが、悪用目的の方が色濃い、絶対にやめたほうがいい!!


今日のポイント
<★今日のポイント>
クレジットカードの現金化は社会のルールのグレーゾーンを歩いているので、利用者にも後ろめたさがある。そのため詐欺が多く、利用者も詐欺に引っかかりやすく、引っかかった人も警察やクレジットカード会社には相談できないという負のループが存在する。

クレジットカードの現金化については自分でキチンと業者を見極め、自分の身は自分で守る必要がある。安い手数料に惑わされること無く、きちんと自分で問題がないことを判断して利用することにしよう。

で、そんなGENKI‐Nが今回オススメするの業者はあんしんクレジットだ!
現金化は使い方次第で便利なサービスだ!

その真実を次回も暴いていくぜ!!
あんしんクレジット