マネーお役立ち情報

Amazonギフト券の現金化業者

クレカ現金化をする悪質悪徳業者が検挙された事で、2010年から業者の数も広告の数も減ってきた。

その背景とネットショッピングサイト最大手の「Amazon」の台頭によりAmazonギフト券、特にEメールタイプが現金化目的で使われる媒介商品として利用され始めた。

    ・ネット上にて現金では購入することが出来きない

    ・クレジットカードで購入できる唯一のギフト券

    ・Amazonは誰しもが利用する一般的サービスとして浸透

良い言い方をすると金券の買取、悪い言い方をすると「現金化」「クレジットカード現金化」「クレジット現金化」「ショッピング枠現金化」とも受け取れる。
買取業者は実際に上記4つのキーワードを狙い、yahooリスティングとgoogleアドワーズ広告にだされている。

このような業者に関しては、まだ逮捕されたニュースは世間に挙がっていませんので、それまで主流とされていた現金化業者を介するよりも、各クレジットカード会社やVISAやMASTERなどの国際ブランドの監視からも目立ちにくい商材となっていると思われる。

特にAmazonギフト券の現金化業者のホームページや広告文では90%以上の換金率を前面に押し出しているが、広告通りに還元する会社はほとんどない。
結局、Amazonギフト券を媒介しないクレジットカード現金化業者でもこのように還元率、換金率が当初と全く違う、など比較サイトや口コミサイトで投稿を確認が出来ることから、クレジットカード現金化業者が鞍替えしてAmazonギフト券買取業をやっている可能性もある。

一方、Amazonギフト券を仲介して市場を開いている業者が有ります。
出品者は市場の取り分として取引された額面の数パーセントが差し引かれるが、これを考慮した形で希望したパーセンテージで出品が可能となっており、購入希望者は出品されたAmazonギフト券の中から少しでも良い還元率の金券を選ぶことが出来る仕組みになっている。

しかし、Amazonギフト券のEメールタイプが多く取引されている中で、不正なコードの出品が結構な確率で存在する様子で、購入者は○○分以内に申告すれば返金対応をするという仕組みを設けているようだが、確認をしていなかったり申告したはずなのに戻って来ないなど、利用者の口コミがネット上の掲示板で見る事が出来る。


今日のポイント
今回の話のAmazonギフト券の再販売と対価をもって譲渡することは、もともと利用規約上禁止となっている事、注目されつつある媒介品目ですので何かしらの対策が打たれるのも時間の問題ではないかと考えられる。

今回は俺のお勧めの業者も教えておく!数あるクレジットカード現金化業者のなかでも,15年という長い運営実績を持ち、多くの利用者から高い評価を集めている業者の一つだ。

一度見てくれよな!
詳細はここだ!!!
また会おう。